観葉植物 室内 風水

観葉植物などの室内インテリアは風水に従って置き方を決めます

スポンサーリンク

かつて風水は知る人だけ知っているものだったのです。
その後人気に火がついたせいで、今ではラッキーカラーを身につけたり、インテリアの置き方によって運気を高めようとする傾向が強くなっています。
しかし本来の風水というものは、家と住む人の相性を占うものだったのです。
そのため住む人の生年月日によってインテリアなどの置き方も変わってくるのです。
その点を知らないで一般に流布しているやり方で置き方を変えたりすると、運気を下げてしまうことになりかねないのです。
基本的には自然科学や地理的な相性を考えた環境に即した占いなので、厳密な法則を知らなくても環境に即したやり方で置き方を決めても大丈夫なのです。
インテリアの中でも観葉植物というのは、室内に緑を増やすことになるのでリラックス効果があります。
風水の観点からみた観葉植物の置き方を覚えておくと、色々と応用がききます。
より運気が強くなって、気の流れを良くすることができます。

スポンサーリンク

観葉植物には色々な種類の葉っぱがありますが、基本的には細く鋭く尖った葉の場合は人の居る近くに置かない方が良いのです。
ベッドやソファなどは避けて、あまり人が近づかない場所に置くのが風水のポイントです。
丸い葉っぱの場合は、穏やかで気分を落ち着かせる効果があるため、人のそばに置くようにするとリラックスすることができます。
また葉の向きによっても変わってきます。
葉が上向きの植物は活発な気を発生させ、葉が下向きの植物は気を静める効果があるとされています。
これを知っていれば、ベッドの枕元などには葉が下向きの観葉植物の方が向いているということになります。
玄関というのは気を迎え入れる場所であり、幸運を招く場所とされているので、背が高くて葉が細く尖っている植物を置くと悪い気を防ぐ効果があるのです。
またリビングは家庭運に影響を与える場所なので、丸い葉の観葉植物を置くと良いとされています。
大型の鉢を1つ置くか、小型の鉢を3つばかり置くと良いです。

スポンサーリンク