観葉植物 水やり 時間

観葉植物の水やりや時間帯のポイント

スポンサーリンク

緑の葉を楽しむことのできる観葉植物を室内で楽しむ場合、丈夫さで購入したにも関わらず、枯らしてしまう場合も多く、観葉植物は水やりが最も大切な手入れの1つに挙げられています。
必要となるのがジョウロあるいは霧吹きで、インテリア雑貨として飾って楽しむミニサイズの観葉植物の場合には霧吹きが適しており、土と葉っぱに水を与えるために必要となります。
観葉植物は主に葉っぱを楽しむ観賞用であるため、濃い緑の葉を維持させるには水やり方法を知っておく必要があり、枯らさない手段です。
基本、どの植物においても土が乾いたらたっぷりの水を与えることが挙げられ、タイミングとしては土の表面を触ってみて、サラサラとして湿り気が全くない状態のタイミングで水をたっぷり与えます。
頻繁に水を与えてしまうと、根が酸素不足に陥り、根腐れから枯れてしまうことがあるために乾いたタイミングがベストです。
葉っぱを楽しむのが特徴ですが、その成長を促すのが根であり、湿り気のある土のままでは養分を吸収するための根毛が発達せずに貧弱な根が育ち、植物がイキイキと育たなくなるため、乾燥した後の水やりがポイントです。

スポンサーリンク

さらに水を与える量ですが、乾燥した際にたっぷり与えますが目安となるのが鉢底で、ジョウロで鉢底から水が流れてくるまで与えます。
室内で育てている場合には受け皿に水が出てくるまでたっぷり与えます。
この水の与え方で様々な方向に伸びる根の隅々にまで水分を浸透させることができ、根や葉が健康に育ちます。
また水を与える時間にも気を配る必要があり、夏時期は早朝をはじめ、夕方などの日光の当たり方が柔らかくなった時間帯を見計らって水を与えます。
お部屋の窓際などに観葉植物を置いて楽しむ場合、真夏の直射日光が射し込む時間帯に水を与えてしまうと土の中の水分が一気に蒸発し、葉焼けを起こしてしまう場合があるために日射しの少ない、毎回同じ時間帯で与えることで植物もストレスなく育ちます。
朝は9時前までに、夕方は18時以降が適したタイミングで、夏時期以外でも毎回時間帯をあわせることで植物の負担が減り、美しい色みの葉を観賞できるポイントと言えます。

スポンサーリンク