観葉植物 おすすめ 小さい

観葉植物で小さいタイプでおすすめのもの

スポンサーリンク

観葉植物の大きいものは一個置くだけでも存在感がありますが、小さい観葉植物は主張をあまりしないので何個か飾ったり並べたり出来る利点があります。
また、部屋や飾れるスペースが狭いと大きいものは置けないので、小さいものを選ぶことになります。
大きくなくておすすめのものなら、今とても人気があるのはエアープランツです。
根を張らないタイプの種類で、空気の中の水分を吸収して成長する観葉植物です。
水や土に植えなくても良く、普通にポンと置いておけます。
枯れてしまわないか心配になるかもしれませんが、枯れにくい種類なので大丈夫です。
たまに霧吹きで水やりしたり、一週間に一回のソーキングという一気に水分補給させるやり方をします。
置物のように置いて飾ったり、瓶や皿に入れて雰囲気を出したり、天井や壁に直接吊るすことも出来ます。
それらの飾り方は自由度が高く、アイデア次第で色々な方法があります。
数種類のエアープランツを組み合わせるのもおすすめです。

スポンサーリンク

小さい観葉植物でおすすめなのは、ミニサイズを活かしたタイプのものです。
ベビーティアーズは小さい葉がフワフワに茂る可愛らしいものです。
育てるときに注意なのが、乾燥に弱いので水を切らさないようにする点です。
それと、可愛らしい見た目を維持させたいならあまり直射日光に当てないほうが良いでしょう。
日に当てすぎると成長しすぎて立派に育ってしまいます。
似たような種類ではペペロミア・デッピアーナです。
アロマペペという通称もあり、花の香りが良いことからそう呼ばれています。
葉の形がハート型で可愛らしいのが通称ミリオンハートです。
乾燥には強いのですが寒さには弱いので温かい場所に置くようにします。
同じく葉の形がハートをしているハートカズラは、やや紫がかった色をしていて個性的な印象です。
乾燥に強く日当たりの良い場所を好むので明るい場所に置くようにします。
観葉植物をよく枯らしてしまうなら、テーブルヤシがおすすめです。
乾燥に気をつければいいくらいなので育てやすいです。
サンスベリアも扱いやすいです。
放っておいても元気で育ち、小さいので飾る場所に困りません。

スポンサーリンク