お風呂 観葉植物 風水

風水でお風呂に適した観葉植物

スポンサーリンク

お風呂に観葉植物を置くことによって、快適な空間や環境に導くことが可能です。
葉っぱを観賞する観葉植物という物にはリラックス効果があり、緑色には目の疲労緩和もあるため、1日の疲れを癒す空間に置くことにより心身をリラックスできます。
またお風呂に適している植物は、葉っぱや根が湿気を吸収してくれる働きがあり、カビなどを抑制する効果もあるために利用価値の高さも挙げられています。
ポイントとなるのが、湯船やシャワーなどの湯気や湿気に強い植物を選ぶことで、さらに窓が少なく日当たりが乏しい日蔭でも育つ植物を選ぶことも重要となります。
また近年注目されているのが、お風呂と風水の関係性です。
健康運と美容運に作用する場所とされており、カビが発生することで肌トラブルなどの運気を落とすことに繋がりやすいため、浴室に観葉植物を置くと風水では運気アップに繋がります。
また風水上、外からの悪い気を流すことができる空間であることも大きく作用しており、湿気を好む観葉植物が注目されています。

スポンサーリンク

特に風水的にも支持されている観葉植物がアイビーで、常緑のツル性樹木です。
葉っぱの形がバリエーション豊かにあり、ハート型が一般的ですが、その他にも丸型やカールなどの葉っぱが特徴の植物です。
ツルの伸び方も種類によって様々で、大きさも育て方で異なりますが、這うように他方向に広がるので浴室を緑で囲むことが可能です。
また湿気にも強く、手入れも比較的ラクで丈夫な植物であり、初心者の方にも適しています。
風水上、アイビーは陽の傾向の水のパワーを秘めており、特に北に置くと良いと言われています。
さらに葉っぱの色にバリエーションを持つのがシンゴニュームで、繊細な葉姿であるものの、湯気や冷水などの環境の中に置いていても丈夫に育つ植物です。
水を好むのが最大の特徴で、水切れで枯れてしまうケースもあるため、水場となる空間や環境下で伸び伸びと育てられ、同じく北の方角に置くことで健康運や美容運を高めることができる植物とされています。

スポンサーリンク