観葉植物 植え替え ゼオライト

観葉植物の植え替えで土をゼオライトに

スポンサーリンク

観葉植物を育てる場合、鉢の水はけを良くしておかなければ、水の与えすぎで根腐れを生じさせてしまうことがあります。
もちろん、水やりの量が少なすぎれば、それによってもやはり枯れてしまうことになります。
また、与えすぎの場合は、湿り気の多さから虫を発生させてしまう可能性もあります。
このように観葉植物を上手に育てるためには、水の量をしっかりと調節することがとても重要なのです。
そしてそれを比較的容易におこなわせてくれるのが、ゼオライトという結晶性の鉱石です。
結晶性ですから、1粒1粒が比較的大きめで、土と異なり水を入れてもドロドロとしません。
つまり、水を与えすぎたとしても、水は自然にサラサラと流れ落ちていきますし、1粒1粒の間に適度に水が残るので、乾燥も防がれるということです。
また、鉱石ですからミネラル類が豊富に含まれています。
ミネラルは観葉植物の成長において重要な栄養分となるので、その点でもゼオライトは優れているといえます。

スポンサーリンク

加えて、色が乳白色で美しいですし、オレンジ色やピンク色などの華やかな色がついているものもあります。
見た目の美しさが重要となる観葉植物において、ゼオライトの使用は大きなメリットがあると言えます。
また、水を浄化してきれいにする作用もあるので、虫がわく可能性も低くなります。
既に虫が湧いてしまっている時に、植え替えをして土をゼオライトにすることで、虫を除去することも可能です。
まずは観葉植物を鉢から取り出して、余計な土を払った後、水を入れたバケツに根をつけるなどして、根をすすぎます。
さらに鉢もきれいに洗うと、虫がいなくなるので、その状態にしてから植え替えるのです。
根などに多少虫が残っていたとしても、浄化作用によって除去されていくので、その後は大量に発生することが防がれます。
さらには、放射性物質を除去する作用もあるので、その点でも注目されています。
このように多くのメリットがあるため、鉢植えにおけるトラブルが発生した人の多くが、ゼオライトを使った植え替えをおこなっています。

スポンサーリンク