観葉植物 インテリア 吊るす

観葉植物を吊るすインテリア

スポンサーリンク

観葉植物を使ったインテリアは、床や棚に置くだけでは無く吊るす方法もあります。
部屋の中に余っている空間を使えるのでスペースを有効利用出来ます。
吊るせるタイプの鉢植えや植木容器を買わなくても、丈夫な紐やロープで結ぶ方法もあります。
これだと新たにかかる出費が少なく、植え替えのためもいらないので手軽です。
麻ひもを大きく組んだ感じに結んだり、編みこみのようにして使うのも雰囲気が出ます。
紐やロープをお洒落な色や素材にするのも良いですし、木や石などで作った飾りを通して使って、自分の作品を作る楽しみ方もあります。
紐などで吊るすのはアイデア次第ですが、他に、植木鉢とかはいらないエアープランツというものがあります。
これだと土に植えたり水に挿したりする必要が無く、好きな場所に小物や雑貨のように配置できます。
スペースがそんなに無いとか、グリーンの部分だけインテリアにアクセントとして取り入れたいならエアープランツをさりげなく飾ってみましょう。

スポンサーリンク

吊るすタイプの植木鉢やガラス容器は、最近では色々売っているので好みのものを使ってみてください。
植木鉢を逆さまにしたような形状の、不思議な形で目を引くスカイプランターは、上から水やりして下から葉が伸びる面白いアイデアの植木鉢です。
これだと下へと伸びる葉を楽しめますが、ハーブなどを植えておけば収穫もしやすい便利な観葉植物インテリアになります。
ガラスに入れて吊るすタイプのテラリウムなら、寄せ植えなどの観葉植物にぴったりです。
使う土も普通のものでは無く、綺麗な石や砂を入れたりグリーンモスなどを敷くとお洒落感がアップします。
ガラス容器の中をひとつの島やオアシスのように配置して小さな世界を表現すると、立派なアート作品になります。
テラリウム容器を買わなくても家に余っているガラス容器を使っても同じように飾れます。
出来れば雰囲気のあるものを使うようにすると、インテリア性が高い観葉植物になります。
また、テラリウムタイプは窓辺に吊るすのが人気の飾り方です。

スポンサーリンク