観葉植物 植え替え 水やり

観葉植物の適切な植え替えと水やり方法。

スポンサーリンク

観葉植物が自宅にあるととても心を豊かにしてくれるものです。
植え替えや水やりのコツをしっかり押さえて、大切に育てたいものです。
しかし、植え替えや水やりのコツをつかまずに行うと、せっかくのお気に入りの観葉植物を枯らしてしまうこともあるため、注意が必要です。
まず、植え替えは5月から9月の適した時期に必ず行うことが大切です。
次に対応した土をしようすることもポイントの一つです。
初心者は観葉植物観葉植物専用のあらかじめブレンドされた土を使用することをおすすめします。
また、現在の鉢から1号大きなサイズに植え替えることも大切です。
折角、植え替えるのだからと大きな鉢に入れてしまうと、根の生育が追い付かず水の吸収ができずに、根腐れを起こしかねないからです。
また、鉢のサイズを変えずに行いたい場合は、根や幹を整理してから新しい土を従来の鉢に入れて行うこともできます。
根詰まりを起こしたまま育てるよりは、リフレッシュでき葉が生き生きとしてきます。

スポンサーリンク

次に水やりですが、プロでも3年はかかるといわれるほど、コツが必要な手入れの一つです。
最も大切なのはそのタイミングであり、手で土を触ってみて乾燥しているときにたっぷりと行うことです。
土が湿っている状態で水をあげてしまい、常にジメジメした状態になっていると、根が酸欠を起こし根腐れを起こして枯れてしまいます。
また、いつも湿った状態でいると根が土からの養分を十分に吸収できなく、根や葉の生育にも影響が出てきてしまいます。
土が乾いてから水やりを行うのは大原則と言えるでしょう。
水の量ですが、たっぷりと与えるとよく言われますが、目安は鉢のしたから水が出てくる位です。
こうすることで、水を根の隅々までいきわたらせることができ、水を通して新鮮な空気を送ることが可能になるからです。
また、夏場は直射日光が当たる環境で行うと、葉が焼けて枯れてしまう場合があるため、早朝か夕方がおすすめです。
以上のポイントを押さえて、大切に観葉植物を育てましょう。

スポンサーリンク