観葉植物 植え替え 肥料

観葉植物の植え替え後は肥料が厳禁

スポンサーリンク

観葉植物を鑑賞目的で利用する人が増えています。
どこにでも飾れるため家の敷地が小さくても、相応の大きさの植物を見つければ鑑賞は可能です。
例えばトイレのタンク上に載せられる大きさの植物もあります。
トイレへ行く度に水遣りが行われるシステムも確立出来るため、不慣れな人でも育てる事は簡単です。
しかし鉢植えする時には水を逃がす作りにしなければなりません。
最近の鉢はそれを想定した作りの製品が増えており、底が網の目の形をしています。
ただし網の目の上にそのまま土を載せると落ちてしまうので、石を敷き詰める事が必要です。
複数の石を組み合わせると余った水が通れるようになり、更に網の目を抜けて排出されます。
そして排出された水はタンクに落ちるので観葉植物の育成の難易度が落ちるのです。
このやり方は屋外の鉢植えでも利用される事があります。
水は植物にとって大切な要素ですが、与えすぎる事によって毒に転じるケースも存在するという事です。

スポンサーリンク

観葉植物は急激な成長をする事はありません。
理由は鑑賞を目的にしているので、変化が大きいと置き場所に困る事があるからです。
例えば僅かなスペースに置いていた植物が成長すると、想定外の大きさになる事もあります。
そういった状況が発生しない様に観葉植物は成長し難いのです。
しかし外観は大きく変化していませんが、根っこの部分は大きな成長を遂げています。
だから鉢の中は根っこが入り乱れて、成長を阻害する要素になりかねません。
それを避けるためには植え替えの工程が必要です。
しかし植え替えにはいくつかの注意点があり、その知識を調べる必要があります。
特に初心者が誤りやすい点は、肥料を植え替え直後に入れてしまう事です。
肥料は植物の成長を促すために必要ですが、植え替え直後に与えると植物を驚かせてしまいます。
水を少しずつ与える等の思いやりが重要です。
植え替えの作業は観葉植物に重要ですが、事前に勉強しなければ思わぬ失敗を招く可能性があります。

スポンサーリンク