トイレ 観葉植物 タンク

トイレタンクの上に観葉植物を設置する際の注意点

スポンサーリンク

最近では住居にこだわりを持つ人が増えています。
具体的には内部構造や用いる道具を工夫する事で、他の家との違いを演出しているのです。
利便性だけでなく外観にも工夫を凝らすようになったのは、人類全体の生活に余裕が生まれ始めているからだと言われています。
そして特に注目を集めているのは観葉植物です。
目を楽しむために利用する観葉植物は、住居のあらゆる場所で利用できます。
それはスペースの問題から置く事が難しいトイレも含まれるのです。
特に水を排出するトイレタンクの上は、観葉植物を置ける人気の場所だと言われています。
水遣りもトイレへ行く度に自動で行われるため、ずぼらな人でも枯らしてしまうケースが少ないのです。
お手洗いへ向かう度に植物が潤うシステムは、植物を維持する事と景観を楽しむ事が同時に果たされます。
そして植物の購入が簡単になった事もこの状況を後押ししているのです。
インターネットを用いれば必要な道具の調査と購入が簡単に行えます。

スポンサーリンク

しかし植物は非常にデリケートな存在です。
それ故に扱いを失敗する事で台無しになるリスクがあります。
人間やペットの様に自分から危険信号を発する事も出来ません。
よって植物に変化が生じた時は速やかな対応が必要になります。
成長した植物が外部に影響を与える事もあります。
例えばトイレタンクの上で育てる観葉植物は、必然的に水遣りの頻度が多くなります。
通常の植物は鉢と肥料と水で育てる事は可能です。
しかしタンクの上に設置された植物は、水の量を調節しなければなりません。
そうしなければ水の過剰摂取によって枯れる危険性があります。
その状況を避けるのに役立つツールが石です。
まず底が網の形をしている鉢を用意します。
その鉢に土を敷き詰めようとすると土が網の目からこぼれ落ちてしまうので、隙間よりも大きい石を敷き詰めるのです。
そしてその上に土を載せて観葉植物を植えると、トイレから多量の水を受けてもタンクへ逃がす仕組みを作る事が出来ます。

スポンサーリンク